子ども達の声を聞いてください!

「みんなで心をこめて作った料理は、とってもおいしかった。カレーライスを家でも作った。家族みんなが、喜んでくれた。」

 

「「書初め」については、自分では字が上手だとは思わないけど、よく書けたと思う。 (「書初め」の画像を見た友達からは、思わず「上手」の声があがる)」

 

「「大掃除」は大変だったけど、楽しかった。カレー作りが楽しかった。とてもおいしくできたから。」

 

「公園(西代里山公園)におでかけして、遊んだのが楽しかった。初詣は、音楽(雅楽が流れていた)が流れていたのが嫌だった。」

 

「「初詣」で「エールが幸せになりますように」と、お願いした。」

 

「「七転八起」を書初めに書いた。「七回転んでも八回目には起き上がる」という意味です。」

 

「カレーがおいしかった。フルーツポンチ、ココアカステラボールを作れてよかった。」

 

「クッキーと焼きそば作りが楽しかった。」

 

「冬休みまとめの会」をした時の子どもたちの感想です。

 

子どもたちは、いろいろな場面で楽しさを感じてくれていたようで嬉しかったです。

楽しさが、「また、やってみよう!」「次は、こんなことをやってみよう!」の意欲につながります。

「ぼくも(私も)、すてたもんじゃないなあ」と思える「自己肯定感」にもつながるのだと思います。

子どもたちには、自分らしく過ごしてほしいと願います。

 

「エール西院・向日町教室」を一度、のぞいてみませんか?

 

関連記事

  1. スペシャルポップコーン作りに挑戦!

  2. 1月6日「おでかけ」

  3. 君と創るとっておきの冬休み大作戦!

  4. 第3回子育ておしゃべりカフェ「吃音と支援」を開催しました

  5. エール向日町教室の授業は?

  6. 虹のふもとの宝物

カテゴリー