(教室の窓から)ちょこっと運動・ラジオ体操の勧め

脳の記憶中枢として働く海馬や、情報伝達を担うケーブルの集合体である白質は、運動によって刺激を受けることで成長することがわかっています。また、身体を動かした直後は集中力が高くなることも立証されています。数分でできるラジオ体操などを取り入れるのもおすすめです。合間に運動を挟んで集中力を高めることで、集中すべき場面とそうでない場面の切り替えがうまくできるようになることも期待できます。

ラジオ体操第一は、わずか3分ほどの運動の中で、頭のてっぺんから、前後、左右、上下とひと通り身体を動かすようにできています。非常にバランスがとれています。普段使わない背筋に力を入れるような動きを、体操の中では何回もやることになります。結果として、椎間板あたりを支える筋肉がトレーニングされることになって、姿勢がしっかりしてきます。現代の子どもは、交通手段の発達や公園などの減少などにより、身体を動かす機会が限られています。そのため、意識的にスポーツなどを取り入れる必要があると思います。

放課後等デイサービス「エール向日町教室」のプログラムには、「くまモンラジオ体操」が組み込まれています。
いかがですか?

関連記事

  1. 一年生になるお子様につけたい力 その2

  2. サンタクロースかるた その4

  3. (教室の窓から)子どもがぼーっとする時間

  4. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その7

  5. (教室の窓から)夏休み、一緒にクッキングを楽しみませんか?2…

  6. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

カテゴリー