ワクワク・どきどき体験を子ども達に 2

「冬休み、一人で過ごすことを心配していた時、エールで息子の好きなマインクラフトができることを知ったので、冬休み大作戦に申し込みました。それと、送迎があったからです。外にも沢山出かけていただき、パソコンと向き合うだけでなく、体を動かす活動が思った以上にあり、とてもよかったです。」

考える・つくる・協力する「君と創る とっておきの冬休み大作戦!」に申し込んでくださった保護者の方のアンケートです。

喜んでいただけて本当によかったと、心からそう思いました。

 

「エールは、僕にとって、救済施設です!エールに来なかったら、僕は今頃退屈で、こんなおいしい料理を食べられていなかったと思います。」

みんなでカレーライスを作っているとき、一人の男の子がこんなことをつぶやいていました。

「救済施設」とまでは思いませんが、利用する子どもたちが

「エールに来て、今日はちょっぴり楽しかったなあ・・・」と思える療育のために、スタッフで知恵をしぼる毎日です。

エール教室は、療育のアウトラインは決めますが、子どもたちの思いや意見を聞きながら、療育を行っています。

主人公は、子どもたちですから・・・

 

「エール西院・向日町教室」を一度、のぞいてみませんか?

 

関連記事

  1. 9.11「夏休みまとめの会」

  2. 第4回子育ておしゃべりカフェ開催!

  3. 自分たちで作ると、おやつはもっとおいしくなります!

  4. 「君と創る とっておきの春休み大作戦!」のお知らせ

  5. 9月11日(土)「夏休みまとめの会」準備進む

  6. すてきな工作ができました

カテゴリー