(教室の窓から)クッキングは、算数が伸びる魔法の力

体験教室に来た兄弟とパンケーキを焼いて、食べました。

 「勉強が終わったら、パンケーキを焼いて食べようか?」という話になり、パンケーキを作りました。子どもの自主性を大切にする「エール向町教室」。まずはネット検索をしてもらい、パンケーキの作り方を調べました。「材料は、卵1個、牛乳150㏄、ホットケーキミックス粉200g・・・」と弟君。「ちょっと待って。それって、材料、何人分?」「えっと、2人分。」「2人しか食べられないの?8人分は作ろうよ!」と声をかけたら、「あっ、そうか。じゃあ、4倍しないといけないね。」と、計算して、8人分の材料を書いてくれました。買い出しは、私が行ったのですが、勉強が早く終わった弟君が、一人で材料を量り、生地作りをしてくれました。

 最後にお兄ちゃんも合流し、上手に生地を焼いてくれました。兄弟で焼いたパンケーキをお母さんに渡すと、「テイクアウト付きなんですね。」と喜んでくださいました。

 計算する力、量を量る力、集中力。そして、何よりも誰かに喜んでもらえること。これって、「自己肯定感」も高まる気がします。親子で、クッキングしませんか?

(注)写真掲載に当たっては、関係者の了解を得ました。

 

関連記事

  1. (教室の窓から)子どもは幸せであってほしい!

  2. (教室の窓から)最良の子育て3点セット

  3. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その2

  4. 特別支援学級の子どもに、勉強する喜びを教えてもらった作文

  5. 小学生が「論理的思考」を学ぶべき理由~その2~

  6. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

カテゴリー