(教室の窓から)子どもの発達段階を知ろう~その2

子どもたちがつまずきやすい質的転換期(節)はどの時期にあるのか…
表にまとめたものを紹介します。

発達段階表(発達の質的転換期年令)
階層 質的転換期 発達年令 目やすになる活動
  乳児第3転換期 48週ころ ・頂だいに反応してわたす
・「メンメ」に反応する
・積み木をコップに入れたり出したりする ・片手支えで歩く
次元 幼児第1転換期 1才半ころ ・一語文を話す
・目、口などを指さしで答えられる
・ハメ板円(回)ができる
・スプーンを使う
・ふとんに足から入る
・すべり台を足からすべる
幼児第2転換期 4才ころ ・数の4までしっかりわかる
・左右が不確定だがわかる
・錘の比較(例無)がわかる
・三角形が描ける
・スキップをする
・ケンケンで前へ進む
「どの子に何をしたらいいのか~発達の五つの節と学習内容&教育方法」
山田 一郎著より

※表は続きます。続きは次回、「(教室の窓から)子どもの発達段階を知ろう~その3」(5月1日)でご覧いただけます。

関連記事

  1. 型にはめず個々を尊重する!

  2. (教室の窓から)自己肯定感について その2

  3. (教室の窓から)思いを言葉に 野口シカの手紙

  4. 目標:「リフティング120回」(小学3年生)達成!!

  5. (教室の窓から)夏休み、一緒にクッキングを楽しみませんか?1…

  6. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その5

カテゴリー