(教室の窓から)「母の日に寄せて」その2

おかあさんの膝
    新川和江

おかあさんの膝には

やさしい陽だまりがある

縁側でひるねをする猫のように

わたしも時折

その陽だまりの中でまぁるくなって

うとうと眠りたい

おかあさんの膝には

たんぽぽの咲く土手と

つくしののびる広い野原がある

いまでもひとりの女の子が

わらべうたを歌いながら

かがんで花を摘んでいる

おかあさんの膝には

老いてうすくなっても

庇護と許容の大きな屋根が用意されている

世界中から爪はじきにされた罪びとでも

そこでは迎えいれられて

あたたかい涙で洗われる

いつでも帰ってゆけるふるさと

誰もが帰ってゆくふるさと

おかあさんの膝

関連記事

  1. (教室の窓から)「放課後等デイサービス」のガイドライン その…

  2. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その7

  3. (教室の窓から)子どもの絵や工作はおもしろい!1

  4. 型にはめず個々を尊重する!

  5. 子どものやる気スイッチ

  6. (教室の窓から)ご参加お待ちしております①

カテゴリー