(教室の窓から)「母の日に寄せて」その1

『お母さん』
   新川 和江

おかあさんは 女優じゃない
花束をもらったことも いちどもない
だからわたしがあげた
たった一りんのカーネーションにも
よろこんで すぐなみだぐんでしまう

おかあさんは学者じゃない
大ぜいの人の前で こうえんなどしたこともない
でもおかあさんの話しことばは
焼きたてのパンにバターがしみるように
あたたかく わたしの心にしみこんでくる

そんなおかあさんが わたしは好き
おかあさんは気にするけれど
笑うと 目じりに寄る あの小じわが好き
どんな香水もかなわない
〈 うちのおかあさん 〉のにおいが好き

関連記事

  1. (教室の窓から)たんぽぽ

  2. (教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その4

  3. (教室の窓から)「食育は発達のカギ!」~その3

  4. なぜプレイルームがないのですか!?

  5. (教室の窓から)子どもは幸せであってほしい!

  6. (教室の窓から)親子で楽しむ早口うた

カテゴリー