(教室の窓から)子どものやる気スイッチ~その2 | 放課後等デイサービス エール

(教室の窓から)子どものやる気スイッチ~その2

小学校で41年間、長いこと教師をやっていました。
最後の4年間は担任ではなかったので、授業をすることはほとんどなかったのですが、それでも、時々頼まれて授業をすることがありました。
不思議なことに、今でも、授業の夢を見ることがあります。授業がうまくいった夢ならいいのですが、授業がうまくいかなくて、子どもたちが騒然としている夢をみることがあります。
幸か不幸か、授業で子どもたちが「騒然とする」ことはなかったのですが、辞めてからも授業の夢を見るのは、それだけ、「授業」のことを気にかけていたからでしょうか。
実は、私の先輩の先生も、同じような夢を見たと話されたことがありました。
(私が尊敬する先生で、あんな授業がしたいなあといつも思っていた先生です。)
「授業」って、それくらい大切なものなんだなあと、改めて思いました。
「今日の授業は、自分でもよかったなあ、成功したなあ。」と思ったことは、あまりありません。「今日の子どもは良かった、今日の子どもの発言は良かった」と思ったことはたくさんあったのですが、自分自身の授業については、述べたとおりです。
私は、「子ども達に救われて教師生活を終えた」と言っても過言ではありません。
さて、それでは、どんな授業をいいと思うか、私見を述べます。
授業のだいご味は、いかに子どもたちに関心を持たせ、やる気を出させ、目を輝かせるかです。好きになれば子どもたちは自ら学び始めます。
さまざまな学習活動を通して子どもの良さを引き出し、認めてあげ、自信をつけさせること。そんな授業がすばらしいと、私は考えています。

「エール向日町教室」が目指すのも、そんな子どもとの関りではないかと、私は思います。子どもの持ち味を生かし、子どもの夢をかなえていく。小さな成功体験(スモールステップ)を積み重ね、「子どもの幸せ」を、少しでも実現したいと考える今日この頃の私です。

 

5月15日(土)「不登校の子ども達を地域で支える」をテーマに、第2回子育ておしゃべりカフェを開催いたします。
オンラインでご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!
詳しくはこちらをご覧ください🙍

 

関連記事

  1. (教室の窓から)受給者証交付までの手続き

  2. (教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その6

  3. (教室の窓から)「食育は発達のカギ」~その1

  4. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その6

  5. (教室の窓から)ハルジオンとヒメジョオン

  6. (教室の窓から)子どもの発達段階を知ろう~その2

「子育て何でも相談会」やってます! 詳しくは画像をクリック

カテゴリー