感謝 ~至高のメンタルトレーニング~ | 放課後等デイサービス エール

感謝 ~至高のメンタルトレーニング~

from:下村和也

感謝、してますでしょうか。
私はしています。

わたしのことはどうでもいいですね。

さて、ところで、
みなさんは「感謝」と聞いてどう思われるでしょうか?

⚫︎当たり前
⚫︎普通のこと
⚫︎いつもしてる

でしょうか?
もしかしたらなかには、

⚫︎ちょっと宗教っぽい

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
かつて非人道的な信仰宗教が話題になったこともあり、
多くの日本人の中で、そのような感情が生じてしまうのは、とてもよく理解できます。

ただ、今回おはなしする「感謝」はもしかすると
少しニュアンスが異なるかもしれません。
使い方、意味はおそらく同じです。
違いは、「目的」にあります。

まわりくどくて申し訳ありません。
結論を言いますと、

「感謝をすることで、心が整うから、ぜひやったほうがいい」

ということです。
もちろん表面的な感謝では意味はありません。

本当に心から、
相手を思って、
ありがたいという思いを
胸に刻む。
できれば相手に伝える!

これをすることで、不思議と心のもやが晴れ、
心が前に向いてくるのです。

「スラムダンク勝利学」の著者であり、スポーツドクターである辻秀一先生もこうおっしゃっています。

 

「とにかくやってみてくださいよ」

 

そう。難しい理屈は抜きにし、
とにかくやってみるのが一番です。
やってみるとわかります。

これほど人に迷惑をかける事なく、
むしろ喜んでもらいながら、
お金がいっさいかからず、
時間もかからず、
場所を問わず、
すぐできる、
感謝!!

こんなにコストパフォーマンスの高い
モチベーション向上方法は、ほかにありません。

疲れたからちょっと甘いものを…
朝のコーヒーを…
などはまだかわいく、

高級品を買いあさる!!
暴飲暴食!!

などに至れば
お金はもちろん、健康を害することにもなりかねません。

そんなことしなくとも、
感謝をしていれば、
多くのシーンで心のゆらぎをおさえることができます。
こんなにすばらしいこと、
たくさん使わなければもったいないとは思いませんか?

 

もちろん重ねて言いますが、
自分のために、が行きすぎると意味はありません。
本気の感謝でないと意味はありません。

でも本気の感謝が習慣になっていれば
圧倒的なパフォーマンスが出ます!

考えてみてください。

イライラしながら、
「今日はめっちゃ仕事進んだわ〜」

ムカムカしながら、
「テストで過去最高の点数が取れたで!」

なんてことが起きるでしょうか?
お分かりの通り、決してそれは起きません。
私たちが最高にパフォーマンスを上げられるのは、
そのようなイライラ、ムカムカといったマイナス感情から脱却し、
今、ここ、に没頭しているときなのです。

さらに感謝は周りにも良い影響をもたらします。
感謝されて腹が立つ、
なんてこと、ありませんよね?

そう、
いいことをしながら
自分も良い状態になれる。
あらゆる点から見て、
非のうちどころのないもの。
それが、

「感謝」

なのです。
だからこそ、
エールでは、積極的に「感謝の練習」を、
適切な頻度と、適切な方法で行います。

 

⚫︎毎日、ご飯を用意してくれるのはだれか
⚫︎毎日、洗濯をしてくれるのはだれか
⚫︎毎日、気にかけてくれるのはだれか

 

そしてそれが当たり前のことではなく、
いかにありがたいことか。

そういった自覚をすることから
エールの取り組みは始まっていきます。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

感謝!!

関連記事

  1. (教室の窓から)エリックカールさん追悼

  2. (教室の窓から)「食育は発達のカギ」~その1

  3. (教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その6

  4. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その2

  5. (教室の窓から)ご参加お待ちしております②

  6. (教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その1

「子育て何でも相談会」やってます! 詳しくは画像をクリック

カテゴリー