(教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その7

(注:小宮山繁先生のホームページ「かばのしっぽ」から先生の了解を得て、掲載しました。)

しゃれことば遊びその1)
前回のことば遊びで取り上げた清濁音のしゃれことば遊びに続く洒落言葉遊び第2弾です。前回は清音と濁音または半濁音を利用して、文づくりをしたり、その違いを洒落のめすという遊びでした。
今回は『同音異義語』を使ったシャレことば遊びです。日本語は同音異義語が多い言葉です。日本語はしゃれが生まれやすい言語なのです。


① 
同音異義語をそのまま利用するダジャレ
・いいヅラ買ったの言い辛かったの
・戦争せんそうやで
・隊長の体調
・電話にでんわ 
・校長先生絶好調
・中年やちゅうねん 
・忍者は何人じゃ?
・「このイス使っていい?」「イイッスよ」
・モンブランに変なもんブラーン
ジャニースのライブに行ってきます。じゃーにー。 
・会場を凍らすコーラス
・赤はあかん、白にしろっ!
・雷おやじの大事なものは髪なり

 

②ことばの一部が同音で重なるしゃれ
・「ハイジ、何してるの?」「歯いじってるのー」
・トイレにイットイレ
・ねこがねこむ
・前歯しまえば
・田んぼを担保に
・西にニシンがいる 南で皆見てる
・ぶどう一粒どう?
・俺オレンジ、君キミドリ
・黒いざくろ
・オルガンをおる、ガーン
・げたがにげた
・マスをつりマス
・校長こちょこちょ、教頭きょときょと

 

関連記事

  1. (教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その4

  2. (教室の窓から)オードリーヘップバーンのちょっといい言葉

  3. (教室の窓から)「食育は発達のカギ!」~その3

  4. ケアの心で接する!困った子どもに優しい大人でありたい!

  5. (教室の窓から)図書館へ行こう

  6. (教室の窓から)子どもの絵や工作はおもしろい!3

カテゴリー