(教室の窓から)思いを言葉に 野口シカの手紙 | 放課後等デイサービス エール向日町教室

(教室の窓から)思いを言葉に 野口シカの手紙

野口英世の母シカの手紙 原文
おまイの ○ しせにわ ○ みなたまけました ○ わたく
しもよろこんでをりまする ○ なかた
のかんのんさまに ○ さまにねん ○ よこもりを ○ い
たしました ○ べん京なぼでも ○ きりかない
○ いぼし ○ ほわこまりをりますか ○ おまい
か ○ きたならば ○ もしわけかてきま
しよ ○ はるになるト ○ みなほかいドに
○ いてしまいます ○ わたしも ○ こころ
ぼそくありまする ○ ドかはやく
きてくだされ ○ かねを ○ もろた ○ こトた
れにもきかせません ○ それをきかせるト
みなのまれて ○ しまいます ○ はやくき
てくたされ ○ はやくきてくたされ
はやくきくたされ ○ はやくきて
くたされ ○
いしよのたのみて ○ ありまする
にしさむいてわ ○ おかみひかしさむ
いてわおかみ ○ しております ○ き
たさむいてわおかみおります ○
みなみたむいてわおかんておりま
する ○ ついたちにわしをたちをし
ております ○ ゐ少さまに ○ついた
ちにわおかんてもろております
る○なにおわすれても ○ これわす
れません ○ さしんおみるト ○ いただいております
る ○ はやくきてくたされ ○ いつくるトおせて
くたされ ○ これのへんちちまちてをり
まする ○ ねてもねむられません

 

現代語訳
お前の出世には、皆たまげました。わたくしも喜んでをりまする。
中田の観音様に、毎年(まいねん)、夜籠(よこも)りをいたしました。
勉強なんぼでも切りがない。
烏帽子(近所の地名。ここは、烏帽子という村からのお金の催促のこと)には困りをりますが、
お前が来たならば、申し訳ができましょう。
春になると、みな北海道に行つてしまいます。
わたしも、心細くありまする。
どうか早く来てくだされ。
金を貰うたこと、誰にも聞かせません。
それを聞かせると、みな飲まれてしまひます。
早く来てくだされ。早く来てくだされ。早く来てくだされ。
早く来てくだされ。一生の頼みでありまする。
西さ向いては拝み、東さ向いては拝みしております。
北さ向いては拝みおります。
南さ向いては拝んでおりまする。
一日(ついたち)には、塩断ちをしてをります。
栄昌様(隣家の鵜浦栄昌。天台宗の修験者)に一日(ついたち)には
拝んでもろておりまする。
なにを忘れても、これ忘れません。
写真を見ると、戴いておりまする。
早く来てくだされ。いつ来ると教えてくだされ。
これの返事待ちておりまする。
寝ても眠られません。


母シカが英世に宛てた手紙です。シカは幼いころ、文字を覚えはしましたが、その後ほとんど文字を書く機会がありませんでした。後に英世は、母が字が書けるとは知らなかったと語っています。
「はやくきてくたされ はやくきてくたされ いしよのたのみてありまする」
(早く帰って来てください。早く帰って来てください。一生のお願いです。)と、
長い年月会うことができない英世に、一目会いたいという気持ちを切々と綴っています。
手紙を受け取った英世は、1915(大正4)年に15年ぶりに帰国し、母との再会を果たしました。
横浜港では多くの報道陣や恩師・友人が英世を出迎えました。
約2か月間の滞在中、各地で講演会や歓迎会が催され大変忙しい日々を過ごしました。
東京や関西の講演会の時には、母や恩師と一緒に旅行をしました。
母シカは英世とともに過ごす時間を「まるでおとぎの国にいるようだ」と語っています。
11月4日に英世は、横浜からニューヨークへ戻りました。そして、その後二度と日本の地を踏むことはできませんでした。

(福島県にある野口英世記念館より)

 

関連記事

  1. トイレ水漏れ奮闘記

  2. (教室の窓から)最良の子育て3点セット

  3. (教室の窓から)NHK for schoolの番組も面白いで…

  4. (教室の窓から)おじいちゃんのプロポーズ

  5. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

  6. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その7

「子育て何でも相談会」やってます!   詳しくは画像をクリック

アーカイブ

カテゴリー