(教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その1

小宮山繁先生のホームページ「かばのしっぽ」ら、先生の了解を得て掲載します)

口頭詩その1

せんせいのけ
せんせいのけ
とりのすみたい
こどもも
そうなんのちがうか

 

せんせいがこわれた
(
学級通信の私の絵をおりながら)
うわあ
せんせいが
こわれた
(それを逆にみながら)
せんせいが
さかさまになった

 

やねのはな
うわあ
すごいかぜ
あたまが とんでしまいそう
けが とんでしまいそう
ああ
むこうのやねのうえだけ
はながさいている
(体育倉庫の屋根に桐の花が落ちていたのです)

 

せんせいのおしり
おしり おおきいなあ
あるいたら
プリンプリン
うごいてる
「そうか」と言って教室へ向かうと
ほら
やっぱりうごいてる 

関連記事

  1. (教室の窓から)「母の日に寄せて」その2

  2. (教室の窓から)ご参加お待ちしております②

  3. 小学生が「論理的思考」を学ぶべき理由~その1~

  4. サンタクロースかるた その3

  5. 一年生になるお子様につけたい力 その1

  6. サンタクロースかるた その4

カテゴリー