(教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その1 | 放課後等デイサービス エール

(教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その1

小宮山繁先生のホームページ「かばのしっぽ」ら、先生の了解を得て掲載します)

口頭詩その1

せんせいのけ
せんせいのけ
とりのすみたい
こどもも
そうなんのちがうか

 

せんせいがこわれた
(
学級通信の私の絵をおりながら)
うわあ
せんせいが
こわれた
(それを逆にみながら)
せんせいが
さかさまになった

 

やねのはな
うわあ
すごいかぜ
あたまが とんでしまいそう
けが とんでしまいそう
ああ
むこうのやねのうえだけ
はながさいている
(体育倉庫の屋根に桐の花が落ちていたのです)

 

せんせいのおしり
おしり おおきいなあ
あるいたら
プリンプリン
うごいてる
「そうか」と言って教室へ向かうと
ほら
やっぱりうごいてる 

関連記事

  1. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

  2. (教室の窓から)子ども達に精一杯の愛と励ましを!2

  3. (教室の窓から)受給者証交付までの手続き

  4. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その7

  5. (教室の窓から)日本で一番売れている絵本

  6. (教室の窓から)6月になると思い出す詩があります

「子育て何でも相談会」やってます! 詳しくは画像をクリック

カテゴリー