(教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その3

(小宮山繁先生のホームページ「かばのしっぽ」から、先生の了解を得て掲載します)

せんせいへ
        Y

こみやませんせい
あかちゃんがうまれはって
おめでとうございます
ぼく かぜひいてやすんでいたけど
なんだか そんなきがした
だって がっこうにいって
せんせいのかおみたら
おとうさんのかお
してはったもん   

 

 

7月26日
        
せんせい あのね
きょう しもかわくんのいえで
しゃぼんだまをしました
おっきいしゃぼんだまと
ちいさいしゃぼんだまを つくりました
とっても たのしかったよ
しゃぼんだまは すってはだめです
ふうっと ふきましょう   

 

 

かなこちゃん
        Y
せんせい
どうしてたなかさんのこと
かなこちゃんていうのかな
どうしてやろう
わからん
べんきょうのときも
かなこちゃんていうし
だれかが
せんせい
たなかさんすきちがうかなあていうし
わたしもちょっとそうおもうけど
ほんまやろか
それとちごうたら
せんせいにきかないと
でも きいたらおこるやろうな
でも どうしてもききたいなあ 

 

関連記事

  1. 小学生が「論理的思考」を学ぶべき理由~その1~

  2. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

  3. 特別支援学級の子どもに、勉強する喜びを教えてもらった作文

  4. 目標:「リフティング120回」(小学3年生)達成!!

  5. (教室の窓から)自己肯定感について その1

  6. (教室の窓から)「母の日に寄せて」その2

カテゴリー