(教室の窓から)「食育は発達のカギ」~その2

食事が人生を楽しくする
―食事を真ん中に

エール宮田

①みんなで食事を楽しむことの学習
 小さい時から、孤食ではなく、大勢で食べる雰囲気を大切にしたい。休日は、家庭で食事づくりからあとかたづけまで一緒に楽しむようにしてほしい。

②食事を待つことの快さの学習
 空腹の快さと満腹の楽しさを感覚として繰り返し体験するべきだ。

③時間管理をするな

④子どもの側から食生活の点検を

安心感と愛情をもってお子さんに接し、おいしく味わい、楽しく食べましょう!

「ひきこもりからの脱出」石田かづ子
石田一宏 編・著 新日本出版社より

関連記事

  1. 特別支援学級の子どもに、勉強する喜びを教えてもらった作文

  2. (教室の窓から)ご参加お待ちしております②

  3. 豊かな生活を創る

  4. (教室の窓から)「食育は発達のカギ!」~その3

  5. (教室の窓から)1年生の詩はおもしろい~その2

  6. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

カテゴリー