(教室の窓から)子どもがぼーっとする時間 | 放課後等デイサービス エール向日町教室

(教室の窓から)子どもがぼーっとする時間

この頃の子どもは忙しい!

毎日、塾や習い事をしている子どももいます。土曜、日曜までスケジュールが詰まっている子どももいます。お家の考えですので、私が口をはさむことではないのですが、私は、(これでいいのかなあ・・・)と思うことがありました。習い事の中には、少年野球やサッカー等もあり、土、日びっしり練習や試合というチームもあります。「好きだからいい」のかもしれませんが、そのために、月曜日の朝からあくびばかりしている子どもも見てきました。私は、子ども時代、学校だけで過ごし、塾や習い事と無縁の生活をしてきました。私の3人の子どもも、(今は、みな成人です)2人の女の子が「ピアノをどうしても習いたい」と言いましたので、知り合いの先生のところで数年間通わせたぐらいです。私も含めて、それでも何とかなるもんだと思っています。

子どもは、(大人もそうですが)ゆっくり家でぼーっとする時間、ゆっくりゆったりする時間が必要だと思います。携帯電話は10%でも使えますが、充電しないとすぐに使えなくなります。

学校生活も低学年から授業時間が長くなり、放課後の時間が以前より短くなっています。そこから、塾や習い事に、子どもたちは通っています。子どもたちが疲れているように思えます。「栄養ドリンクを飲む子ども達」の姿を見かけることもあります。

子ども達に一番必要なことは、家でゆっくりと過ごすこと、明日の生活のために「充電する」ことだと思います。『子どものために、〇〇の力が必要です!早いうちからやる方が、ずっと効果があります!』と、これでもか!というほど、「教育産業」は保護者に迫ってきます。でも、そんなに焦らなくても大丈夫です。どうしても子どもがやりたいことだけやらせたらいいのではないでしょうか。家でぼーっとくつろぐ時間は、子どもの成長にとって非常に大切なものです。日々のスケジュールや子どもへの接し方を見直し、くつろぐ時間をたっぷりと確保してほしいと思います。

 

関連記事

  1. (教室の窓から)最良の子育て3点セット

  2. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

  3. (教室の窓から)ちょこっと運動・ラジオ体操の勧め

  4. (教室の窓から)新型コロナウイルス感染症による生活の急変~そ…

  5. (教室の窓から)子どもの発達段階を知ろう~その1

  6. 第10回、京都新聞山科・伏見エリア販売所杯 U-9サッカー大…

「子育て何でも相談会」やってます! 詳しくは画像をクリック

アーカイブ

カテゴリー