言葉に事実と感動を詰め込む その1

ちょうがでる
岐阜 小3 男子

「さあ、がんばれよ」

さなぎから でかけのちょうちょ。

足や、手で、

かわにつかまっている。

五分ほどかかって、

さかだちするように、

すこしずつでてくる。

白に黄いろがまじっている。

頭は黒い。

頭のほうから

つのみたいなものもでている。

しわくちゃだったはねが、

だんだんのびてくる。

「さあ、がんばるんだぞ」

  

 

へび
滋賀 小3 男子

たんぼへいった。

へびがかえるをのんでいた。

そばへよったら、

ぼくの顔をにらんでいる

ぼくは、ばいた(ぼうきれ)でなぐった。

かえるは少しとんだ。

ぼくはへびに

「さっさと帰れ」といって、

ばいたで 二回なぐって、

帰った。

 

 

ゆうやけ
小2 女子

ゆうがた

水くみをした。

いっぱい くんだら

ゆうやけが

とびこんできた。

はこんで いくと

パシャン パシャンと

ゆうやけが

とびだしちやった。

 

 

まんげつ
福井 小4 男子

五時だ。

おつきさんがまんまるだ。

きょうは、

まんげつだな。

きれいだな。

なかのかわらへ、

ねぎを取りに行く。

「おとうさん、まんげつだよ」

 

関連記事

  1. (教室の窓から)伸びる子どもの特徴は~その1

  2. (教室の窓から)夏休み、一緒にクッキングを楽しみませんか?1…

  3. (教室の窓から)自己肯定感について その2

  4. 四葉のクローバーと「正しい努力」

  5. きのこがり

  6. (教室の窓から)子どもと楽しむ言葉遊び~その4

カテゴリー